公開履歴
心配している男性

プリリジーは世界初の内服型の治療薬で、飲むだけで効果が得られるという所が特徴です。
早漏治療薬というと、陰茎部に麻酔のような改善薬を塗布し、それにより陰茎の感覚を鈍くさせることで刺激を抑えて射精までの時間を長くします。
一方、プリリジーはこのような塗布型の麻酔システムとは異なる作用機序を発揮します。
勃起と射精を考えるとき、ポイントとなるのは自律神経(交感神経・副交感神経)です。
日中活発になるのが交感神経、夜間に活発になるのが副交感神経です。
この2つの自律神経がバランスを取り合うことで精神的なバランスを取っています。
また、交感神経は緊張時に活発になる特徴があり、副交感神経はリラックス時に活発になるという全く逆の特徴があります。
勃起が起きるときに血管を膨張させる際には副交感神経が優位に働いています。
そして、射精するときには交感神経が優位に働きます。
早漏になると、この交感神経の働きが過剰になりすぎてしまうことが問題になります。
これは脳内にノルアドレナリンという興奮を伝達させる物質が大量に分泌されてしまうことが原因です。
例えば性行為に入る前に「早漏の症状が出てしまうのではないか」「失敗してしまうのではないか」などの不安を感じながら入ると、ノルアドレナリンが大量に放出され、脳の射精指令が混乱してしまいます。
それを防ぐのがプリリジーの効果で、主成分であるダポキセチンがノルアドレナリンを抑制するセロトニンという物質を増やして興奮を鎮めます。
それにより、脳内の興奮が安定して、正常な状態で性行為に臨めるようになります。
麻酔のような塗布剤とは違い、自律神経を正常な機能状態に戻してあげることで、早漏を改善していきます。
プリリジーは薬局で販売されておらず、医療機関での処方が必要となります。
しかし、海外製のプリリジーは通販で簡単に手に入るので、医療機関を受診できない場合はこちらを利用しましょう。
海外製とはいっても、製造国で認可されているものなので、処方されるものと効果は変わりありません。
ただし、説明書などが外国語でわからないことが多いので、購入前に使い方や併用禁忌を確認しておくことをおすすめします。

記事一覧
心因性と身体性の早漏症の違い 2019年10月06日

早漏症の原因には、心因性によるものと身体性によるものの2つがあります。心因性の方はストレス・緊張がトリガーとなることが多いです。身体性の方は加齢による男性ホルモンの減少や、亀頭部が過敏になってしまうことで射精がコントロールしにくくなります。身体性の症状への治療では、男性ホルモンの分泌を高めたり、亀頭...

陰茎の勃起力と脳の働きの関係性 2019年09月21日

陰茎の勃起力には、副交感神経のシグナルが脳に到達することが重要になります。日頃ストレスなどを感じて交感神経が勝った状態になっていると勃起してもすぐに射精に至ってしまう早漏の状態になることがあります。交感神経が優位になっているとき、脳内では大量のノルアドレナリンが分泌されます。これは通常興奮状態が長く...

プリリジーに含まれるダポキセチンについて 2019年09月01日

プリリジーとは、ダポキセチンを主成分とした、飲むタイプの早漏治療薬です。ダポキセチンというのは、セロトニンの再取り込みを阻害することによって、早漏の改善を図るために作られた成分です。この、ダポキセチンという名前はプリリジーの別名としても利用されていることからほぼこの主成分の効能がプリリジーの特性とい...