• ホーム
  • 陰茎の勃起力と脳の働きの関係性

陰茎の勃起力と脳の働きの関係性

2019年09月21日
考えているカップル

陰茎の勃起力には、副交感神経のシグナルが脳に到達することが重要になります。
日頃ストレスなどを感じて交感神経が勝った状態になっていると勃起してもすぐに射精に至ってしまう早漏の状態になることがあります。
交感神経が優位になっているとき、脳内では大量のノルアドレナリンが分泌されます。
これは通常興奮状態が長く続いた時に分泌されるものですが、ストレスを感じている人は脳が興奮状態と同様の状態になり、勘違いをして分泌用が増えてしまいます。
つまり仕事の疲れなどのストレスだけでなく、自分が早漏であることを気にしすぎて精神的な負担がかかってもノルアドレナリンが出て交感神経が優位になってしまいます。

早漏の薬として注目されているプリリジーはノルアドレナリンの分泌を抑制させる成分が入っているため、副交感神経が勝った状態を維持しやすくなり勃起力を高める効果が期待できるのです。
プリリジーにはダポキセチンという成分が多く入っていてこれが脳内のセロトニンの分泌を促します。
このセロトニンが増えると興奮状態を抑え、脳が正常に近い状態になるので交感神経が勝った状態になりにくくなります。

プリリジーには脳内の分泌成分をある程度制御して勃起力を高めることができますが、大量に服用したからといって効果が高まるものではありません。
医薬品ですから決まった用量や服用方法を厳守する必要があります。
輸入品などを個人で購入することもできますが、信頼できるところから購入をしたほうが安心できます。
人によっては体に合わなくて副作用が出る人もいます。
脳内の分泌成分に作用する薬ですから、頭痛や目眩などを引き起こすことがあり、それにともなって吐き気や眠気なども起こりえます。
交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり睡眠障害などがでた時には医師の診断を受けるべきです。

関連記事
薬の輸入には様々な制約がある

俗に早漏という悩みがあります。パートナーの女性が満足しないうちに射精してしまうということです。風俗で働いている女性からすればむしろありがたいなどと言われていますが、やはり男性としては自分だけ絶頂してしまうのは気恥ずかしいものです。プリリジーはそんな早漏を改善するために作られたお薬です。一種の麻酔薬を...

2019年11月08日
心因性と身体性の早漏症の違い

早漏症の原因には、心因性によるものと身体性によるものの2つがあります。心因性の方はストレス・緊張がトリガーとなることが多いです。身体性の方は加齢による男性ホルモンの減少や、亀頭部が過敏になってしまうことで射精がコントロールしにくくなります。身体性の症状への治療では、男性ホルモンの分泌を高めたり、亀頭...

2019年10月06日
プリリジーに含まれるダポキセチンについて

プリリジーとは、ダポキセチンを主成分とした、飲むタイプの早漏治療薬です。ダポキセチンというのは、セロトニンの再取り込みを阻害することによって、早漏の改善を図るために作られた成分です。この、ダポキセチンという名前はプリリジーの別名としても利用されていることからほぼこの主成分の効能がプリリジーの特性とい...

2019年09月01日